注目ニュース まとめ記事ランキング👑

~人工知能・ロボットの時代~ まとめ/キュレーションサイト活用方法
芸能スポーツ/テレビドラマ映画/アニメ萌え/音楽ゲーム/グルメ/世界軍事/社会政治経済
バイク自動車/科学医療サイエンス/事件地域/話題その他/アイドルグラビア情報まとめ

◆更新記事数 一日25~ 各種ニュースサイトへのリンク200以上 〇△◇"人外の思想" ⇦

2ch.scログ速Yahoo掲示板まちBBS
みみずんしたらばおーぷん2ch発言小町

       

バイク・自動車












👑[2位][3位][4位][5位]

    【EV】元Ciscoの役員だったパッドマスリー・ウォーリアー(Padmasree Warrior)氏は、中国を拠点に電気自動車の開発を行っているベンチャー企業Nio社のアメリカ支社のCEOに就任した。



     

    【EV】ドイツの自動車メーカーポルシェは、電気自動車(EV)の開発を本格化し、2020年をめどに、同社では初となる完全電気自動車「ミッションE( Mission E )」


     

    【賃金】トヨタ自動車は15日に開示した定時株主総会の招集通知で、賞与も含めた取締役報酬について年間40億円を上限にする会社提案を明らかにした。


     

    【車】米グーグル、米アップル、米エヌビディア、米インテル、中国百度(Baidu)…元々は自動車業界と縁のなかった大手IT企業が、続々と自動運転ビジネスに参入している。注目度-3


     

    【車】米グーグル、米アップル、米エヌビディア、米インテル、中国百度(Baidu)…元々は自動車業界と縁のなかった大手IT企業が、続々と自動運転ビジネスに参入している。注目度-2


     

    【車】米グーグル、米アップル、米エヌビディア、米インテル、中国百度(Baidu)…元々は自動車業界と縁のなかった大手IT企業が、続々と自動運転ビジネスに参入している。注目度-1


     

    【自動車】トヨタ自動車が「空飛ぶクルマ」の実用化に向けて、社内の若手有志が中心になって進めてきたプロジェクトに資金拠出する方針を固めた。


     

    【自動車】安かろう悪かろう――。そんなイメージが付いて回る中国製品。自動車もその一つだった。しかし、そんな”常識”が変わりつつある。


     

    【保険】損害保険各社でつくる「損害保険料率算出機構」が、任意加入の自動車保険について、保険料を決める際の目安となる「参考純率」


    【企業】日産自動車が11日発表した2017年3月期連結決算は、昨秋までの円高が響き、 本業のもうけを示す営業利益が前期比6.4%減の7422億円


    【自動車】独自動車大手BMW(BMWG.DE)は、2018年に「8シリーズ」モデルを発表すると明らかにした。


    【自動車】次世代の乗り物と期待される自動運転車。各社は開発競争にしのぎを削り、実用化に向けた取り組みが加速している。


     

    【自動車】米環境保護庁(EPA)は毎年、ガソリン・ディーゼル車の新型モデルの燃費について調査を行い、最も「グリーンなモデル」を発表している。


     

    【経済】そもそも「渋滞」とは、どのように定義されるものなのでしょうか。


     

    【バイク】ヤマハ発動機は、誰でも扱いやすく快適に使える機能が充実したコンパクトな電動アシスト自転車『PASシオン』2017年モデル 2機種を6月13日より発売する。


     

    【自動車】独自の新世代プラットフォームで軽量化と高剛性化を両立


     

    【自動車】ホンダが28日発表した2017年3月期連結決算(国際会計基準)は、 営業利益が前期比67.0%増の8407億1100万円と大幅に増加した。


     

    【自動車】アウディ・ジャパンは26日、同社最小の新型スポーツタイプ多目的車(SUV)「Q2」の受注を開始し、6月中旬に発売すると発表した。注目度-2


     

    【自動車】アウディ・ジャパンは26日、同社最小の新型スポーツタイプ多目的車(SUV)「Q2」の受注を開始し、6月中旬に発売すると発表した。注目度-1


     

    【車】米配車大手ウーバー・テクノロジーズは25日、垂直に離陸や着陸ができる小型の「空飛ぶタクシー」を開発し、2020年までに試験飛行の実施を目指すと発表した。


     

    【自動車】1957年4月に発売されたセダン「スカイライン」が60周年を迎えたのを機に、日産自動車が歴代全13モデルを一堂に集め、記念イベントを開いた。注目度-5


     

    【自動車】1957年4月に発売されたセダン「スカイライン」が60周年を迎えたのを機に、日産自動車が歴代全13モデルを一堂に集め、記念イベントを開いた。注目度-4


     

    【自動車】1957年4月に発売されたセダン「スカイライン」が60周年を迎えたのを機に、日産自動車が歴代全13モデルを一堂に集め、記念イベントを開いた。注目度-3


     

    【自動車】1957年4月に発売されたセダン「スカイライン」が60周年を迎えたのを機に、日産自動車が歴代全13モデルを一堂に集め、記念イベントを開いた。注目度-2


     

    【自動車】1957年4月に発売されたセダン「スカイライン」が60周年を迎えたのを機に、日産自動車が歴代全13モデルを一堂に集め、記念イベントを開いた。注目度-1


     

    【自動車】国内と海外でまったく評価が異なるジャンル 注目度-3


     

    【自動車】国内と海外でまったく評価が異なるジャンル 注目度-2


     

    【自動車】国内と海外でまったく評価が異なるジャンル 注目度-1


     

    【自動車】トヨタ自動車(7203.T)はこれまでの開発戦略を180度転換し、電気自動車(EV)開発に本腰を入れざるを得なくなっている。注目度-10


    【自動車】トヨタ自動車(7203.T)はこれまでの開発戦略を180度転換し、電気自動車(EV)開発に本腰を入れざるを得なくなっている。注目度-9


     

    【自動車】トヨタ自動車(7203.T)はこれまでの開発戦略を180度転換し、電気自動車(EV)開発に本腰を入れざるを得なくなっている。注目度-8


     

    【自動車】トヨタ自動車(7203.T)はこれまでの開発戦略を180度転換し、電気自動車(EV)開発に本腰を入れざるを得なくなっている。注目度-7


     

    【自動車】トヨタ自動車(7203.T)はこれまでの開発戦略を180度転換し、電気自動車(EV)開発に本腰を入れざるを得なくなっている。注目度-6


    【自動車】トヨタ自動車(7203.T)はこれまでの開発戦略を180度転換し、電気自動車(EV)開発に本腰を入れざるを得なくなっている。注目度-5


     

    【自動車】トヨタ自動車(7203.T)はこれまでの開発戦略を180度転換し、電気自動車(EV)開発に本腰を入れざるを得なくなっている。注目度-4


    【自動車】トヨタ自動車(7203.T)はこれまでの開発戦略を180度転換し、電気自動車(EV)開発に本腰を入れざるを得なくなっている。注目度-3


     

    【自動車】トヨタ自動車(7203.T)はこれまでの開発戦略を180度転換し、電気自動車(EV)開発に本腰を入れざるを得なくなっている。注目度-2


     

    【自動車】トヨタ自動車(7203.T)はこれまでの開発戦略を180度転換し、電気自動車(EV)開発に本腰を入れざるを得なくなっている。注目度-1


    【自動車】レクサスが3月16日に発売した新型LCの受注台数が、発売から1ヵ月(4月16日時点)で月販目標の50台の36倍となる約1,800台となり、好調な立ち上がりを見せている。注目度-2


     

    【自動車】レクサスが3月16日に発売した新型LCの受注台数が、発売から1ヵ月(4月16日時点)で月販目標の50台の36倍となる約1,800台となり、好調な立ち上がりを見せている。注目度-1


     

    【バイク】バイクの国内での販売不振から抜け出す挑戦も見られました「第44回東京モーターサイクルショー」。


     

    【車】輸入車の売れ行きが好調だ。昨年の新規登録台数は29万台超と20年ぶりの高水準を記録。メルセデス・ベンツやBMWなどの欧州勢がけん引役だった。注目度-3


    【車】輸入車の売れ行きが好調だ。昨年の新規登録台数は29万台超と20年ぶりの高水準を記録。メルセデス・ベンツやBMWなどの欧州勢がけん引役だった。注目度-2


     

    【車】輸入車の売れ行きが好調だ。昨年の新規登録台数は29万台超と20年ぶりの高水準を記録。メルセデス・ベンツやBMWなどの欧州勢がけん引役だった。注目度-1


    【自動車】各国の自動車メーカーが自律走行車の開発で激しく競うなか、 メルセデス・ベンツを擁するダイムラーが無人配車サーヴィスへの参入を発表した。


    【製品】「Chainless」は、その名前の通り、チェーンのない自転車。米国フロリダ州在住のSean Chan氏が開発した。


     

    【自動車】ギネス・ワールド・レコーズは25日までに、 中東アラブ首長国連邦(UAE)のドバイの警察を世界最速のパトロールカーを保有する組織として認定した。


     

    【自動車】ホンダは プラグインハイブリッド車(PHEV)の「クラリティ プラグイン ハイブリッド」と電気自動車(EV)の「クラリティ エレクトリック」を世界初公開した。


     

    【自動車】米電気自動車メーカー、テスラ・モーターズが時価総額でゼネラル・モーターズ(GM)を抜き、 同ベースで全米首位の自動車メーカーとなった。


     

    【米国】自動車通勤の削減の妨げになっているのが、企業が従業員に提供する「無料」駐車場だ。






    ブログ内 記事検索

    首相官邸
    法令検索 e-GOV

    自民党
    民進党
    公明党
    共産党
    社民党
    大阪維新
    日本維新
    生活の党
    日本こころ
    日本を元気
    幸福実現党
    新党大地

    ギャラリー
    • 【経営】東芝倒産の危機をはじめ、日本の白物家電業界が絶滅の危機に追い込まれている。かつて世界市場を席巻した日本の電気産業は、なぜここまで凋落してしまったのか?注目度-5
    • 【経営】東芝倒産の危機をはじめ、日本の白物家電業界が絶滅の危機に追い込まれている。かつて世界市場を席巻した日本の電気産業は、なぜここまで凋落してしまったのか?注目度-5
    • 【経営】東芝倒産の危機をはじめ、日本の白物家電業界が絶滅の危機に追い込まれている。かつて世界市場を席巻した日本の電気産業は、なぜここまで凋落してしまったのか?注目度-5
    • 【経営】東芝倒産の危機をはじめ、日本の白物家電業界が絶滅の危機に追い込まれている。かつて世界市場を席巻した日本の電気産業は、なぜここまで凋落してしまったのか?注目度-5
    • 【経営】東芝倒産の危機をはじめ、日本の白物家電業界が絶滅の危機に追い込まれている。かつて世界市場を席巻した日本の電気産業は、なぜここまで凋落してしまったのか?注目度-5
    • 【経営】東芝倒産の危機をはじめ、日本の白物家電業界が絶滅の危機に追い込まれている。かつて世界市場を席巻した日本の電気産業は、なぜここまで凋落してしまったのか?注目度-5
    • 【経営】東芝倒産の危機をはじめ、日本の白物家電業界が絶滅の危機に追い込まれている。かつて世界市場を席巻した日本の電気産業は、なぜここまで凋落してしまったのか?注目度-5
    • 【経営】東芝倒産の危機をはじめ、日本の白物家電業界が絶滅の危機に追い込まれている。かつて世界市場を席巻した日本の電気産業は、なぜここまで凋落してしまったのか?注目度-5
    • 【経営】東芝倒産の危機をはじめ、日本の白物家電業界が絶滅の危機に追い込まれている。かつて世界市場を席巻した日本の電気産業は、なぜここまで凋落してしまったのか?注目度-5
    • 【経営】東芝倒産の危機をはじめ、日本の白物家電業界が絶滅の危機に追い込まれている。かつて世界市場を席巻した日本の電気産業は、なぜここまで凋落してしまったのか?注目度-4
    • 【経営】東芝倒産の危機をはじめ、日本の白物家電業界が絶滅の危機に追い込まれている。かつて世界市場を席巻した日本の電気産業は、なぜここまで凋落してしまったのか?注目度-4
    • 【経営】東芝倒産の危機をはじめ、日本の白物家電業界が絶滅の危機に追い込まれている。かつて世界市場を席巻した日本の電気産業は、なぜここまで凋落してしまったのか?注目度-3
    • 【経営】東芝倒産の危機をはじめ、日本の白物家電業界が絶滅の危機に追い込まれている。かつて世界市場を席巻した日本の電気産業は、なぜここまで凋落してしまったのか?注目度-3
    • 【経営】東芝倒産の危機をはじめ、日本の白物家電業界が絶滅の危機に追い込まれている。かつて世界市場を席巻した日本の電気産業は、なぜここまで凋落してしまったのか?注目度-3
    ヤフー総検索ランキング(当日)
    ヤフー豆知識
    LINEQRコード
    LINE読者登録QRコード


    画像、動画検索
    Google画像Yahoo画像
    Google動画Yahoo動画
    youtubeDailymotion
    YoukuパンドラTV
    VeohFC2動画
    最新記事(画像付)