1: Egg ★ 2018/12/22(土) 00:22:13.42 ID:CAP_USER9

国際サッカー連盟(FIFA)は21日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会の視聴者数が推定35億7200万人だったと発表した。

世界の総人口(4歳以上)の半数以上に上り、フランス―クロアチアの決勝は約11億2千万人だった。

 視聴方法は全体の9割が自宅のテレビで、残りの約3億1千万人がパソコンやスマートフォンなどのデジタル機器、パブリックビューイングなどで観戦した。地域別ではアジアが最多の43.7%で、欧州が20%、アフリカ・中東が16.6%で続いた。国別では中国が6億5570万人で全体の18.4%を占めた。

12/21(金) 20:32配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181221-00000225-kyodonews-socc

FIFAの調査によると、今年の夏、世界の人口のほぼ半分が2018 FIFA ワールドカップ ロシアを見たようだ。

FIFAが調査会社から受け取ったデータを発表し、その模様をイギリスメディア『BBC』が伝えている。

 イギリスのデータ分析会社『Publicis Media Sport and Entertainment』は今夏のロシアW杯のデータを調査。その結果、同大会が35.7億人に見られたことがわかった。

 また、3億2750万人が、イングランド代表がクロアチア代表に敗れた準決勝を見た模様。そして、フランス代表とクロアチア代表の決勝戦は10億人以上がライブで見たようだ。そして、過去のどんなワールドカップよりも長い間、多くの人に大会が視聴されていたこともわかっているという。

 FIFAの最高商業責任者を務めるフィリップ・ル・フロック氏は「『世界中の人々はワールドクラスのサッカーには飽くことがない』と数字が示している。この数字は、ロシアW杯が史上最高のワールドカップであったという主張を明らかに証明している」と話している。

 なお、ロシアW杯は6月14日から7月15日まで64試合が実施。最終的にフランス代表が優勝を果たしている。

12/22(土) 9:12配信

コメントする

名前
 
  絵文字