1: 久太郎 ★ 2018/11/21(水) 22:57:52.90 ID:CAP_USER9



天皇杯全日本サッカー選手権大会の準々決勝が21日に行われ、山梨中銀スタジアムで鹿島アントラーズとヴァンフォーレ甲府が対戦。試合は1-0で鹿島が勝利。2大会ぶりの準決勝進出を決めた。

鹿島は、代表に招集された三竿健斗、ケガで離脱した鈴木優磨の2選手を欠くものの、レアンドロと内田篤人がベンチ入り。先発には昌子源、土居聖真ら主力組がメンバーに入った。

対する甲府はクラブ初のベスト4を目指す。4回戦ではセレッソ大阪を延長戦の末に1-0で下し、8強入りを決めた。そのC大阪戦で劇的決勝ゴールを挙げた曽根田穣も先発入りを果たした。

先にチャンスを作ったのは鹿島。開始3分にCKを得ると、キッカーは小笠原満男。正確なボールに昌子が合わせたが、枠の右を外れた。甲府は21分に立て続けにCKのチャンスを得たが、いずれも決めきれず。最前線のジエゴを的に絞ったロングボールで決定機をうかがうが、昌子を中心としたアジアナンバーワンの守備が光り、中々ゴールを割ることができない。

35分にかけては鹿島が猛攻。西大伍がミドル、CKから安部裕葵がヘッドでゴールを強襲するも決まらず。結局前半は0-0のまま終了した。

停滞感漂う後半、鹿島は金森健志を下げてセルジーニョを投入。前への推進力を高める。すると76分、永木亮太がセンターサークルから一気にボールを持ち上がり、土居聖真にラストパスを供給。受けた土居が右足で強烈なシュートを叩き込み、鹿島が先制に成功した。

苦しい展開となった甲府は81分、高野遼のクロスから絶好機が訪れるも、ジエゴが詰めが甘く、決定的なチャンスを逃した。結局試合はそのまま終了。鹿島が甲府を1-0で下し、4強入りを決めた。この結果、鹿島がFIFAクラブワールドカップ(12月12日開幕)に出場するため、準決勝と決勝の日程が変更。準決勝は5日、決勝は9日に行われる。

■試合結果
鹿島アントラーズ 1-0 ヴァンフォーレ甲府


■得点者
鹿島:土居聖真(76分)
甲府:なし


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00010011-goal-socc

コメントする

名前
 
  絵文字