1: ラッコ ★ 2018/06/28(木) 14:37:05.76 ID:CAP_USER9

W杯グループリーグのクライマックス。
2018-06-28 12:19:20

いよいよ今夜、日本代表の入るグループHの試合を持ってるのですが、、
グループリーグ最終第3戦は、本当に近年では考えられない位のドラマが起きてます。

アルゼンチンがグループリーグ4位、、。敗退の危機からの勝利もかなり熱かったですが、、何より昨夜のドイツvs韓国。
このグループは韓国以外は、いわゆる強豪チームばかりでしたが、
それでもドイツの1位突破と、2位をメキシコかスウェーデンが争うくらいのものだと思ってました。評論家さんも言ってたし(笑)

しかし、、蓋を開けてみると、ドイツがなかなか勝てない。グループリーグ突破の行方は最終戦へ!みたいになったのですが、
そうは言っても、結局、最後はアルゼンチンみたいに、ドイツが勝つんでしょ?と思ってました。これは、間違いなく、世界中がそう思ってたはずです、、

となると、もう1チームはどこが、グループリーグ突破なのかな?と思って、興味深く、同時進行の2試合を観ました。
最初はドイツの快勝を観ようと思って、ドイツvs韓国を観ていたのですが、ドイツの調子が良くなく?迫力も感じられずに、
メキシコとスウェーデンの方にチャンネルを変えました、、

すると、、なんということか、スウェーデンが物凄い迫力と、鬼気迫る闘志でメキシコゴールに向かっておりました。
ノロノロ、だらだら、のドイツ、韓国よりスピーディで闘志があるスウェーデン、メキシコにチャンネルは変更されました。
で、スウェーデンがゴールを奪い、2点目を決めて、メキシコとの差をなくし、グループ一位突破が見えてきました。

と、なると、気になるのはドイツの行方、、チャンネルを戻し、ドイツの戦いを観ると、徐々にギアが上がって行っておりました。
しかし、、その頃には韓国の戦い方がハマり、GKがどんどん当たってきました。あれ? ドイツやばくない? と素人の僕が観てもそう思えました。

スウェーデンのリードの一報は当然にドイツチームも知ることになります。
攻撃のギアを上げていきますが、韓国ディフェンスの集中が続き、撃っても、撃ってもシュートが入らない。
フンメルスのヘディングシュートなんかは、平常時なら、ハットトリック出来るくらいに、決めれてるはずなのに、見えないプレッシャーが選手や会場を包んでいきます。

こうなると、、ドイツは苦しくなってきます。韓国はカウンターやセットプレーからチャンスを作りはじめ、
引き分け濃厚になってきたアディショナルタイムでコーナーキックから歴史的なゴール!
さらにはドイツのパワープレー返しで超ロングシュートを押し込み、2点目!!

日本がコロンビアに勝ったのが、この大会最大のサプライズでしたが、それを上回る驚きの勝利を韓国が成し遂げました。

ワールドカップで、韓国がドイツに勝ち、FIFAランキング1位で前回王者のドイツが、グループリーグ敗退を決定付けられる、、
誰がそれを予測出来たか、、。まさに、歴史的な勝利と言えるでしょう。

ドイツはこれまで、グループリーグで敗退したことがありませんでした。
だから、選手はもちろん、監督、スタッフ、サポーター、国民も、

『まぁ、どうせ、最後はどうにかなるでしょ』

的なもんだったのではないでしょうか。

その前日のアルゼンチンとナイジェリアは、本当にアルゼンチンが、感動的なまでに懸命に戦ってましたし、スタジアムの雰囲気も物凄いものでしたから、
それと比べると、やはり、ドイツには焦りが見えませんでしたから、、。
僕はアルゼンチンファンでもなんでもありませんが、あの雰囲気をみたら、やはり、アルゼンチンを応援してしまいましたもんね、、。

さて、ドイツが韓国に敗れ、もはや、何が起きるか分からない今大会、、今夜の日本はどうなるのでしょうか。
すんなりと勝たせてくれる相手ではありませんが、どうにか勝点を重ねて、まずは、久しぶりの、トーナメントボードに名を刻んで欲しいものです。

(それにしても、ヨーロッパ強いね、、現在10チーム。南米3か4チーム。北中米1。アジアは0か1。アフリカは0か1。)

がんばれ、ニッポン!!!

佐世保の政治家、山下こうだい オフィシャルブログ Powered by Ameba
https://ameblo.jp/estaji16/entry-12386913518.html

コメントする

名前
 
  絵文字