1: 久太郎 ★ 2018/06/02(土) 15:57:38.17 ID:CAP_USER9

横浜FM 4-2 神戸

[得点者]  
8' ウェリントン    (神戸)
23' 大津 祐樹     (横浜FM)
30' 仲川 輝人     (横浜FM)
55' 渡邉 千真     (神戸)
69' 天野 純      (横浜FM)
75' ウーゴ ヴィエイラ (横浜FM)


スタジアム:ニッパツ三ツ沢球技場
入場者数:8,827人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2018/060216/live/#live
横浜FMが4発逆転で先勝!神戸にAG2発許すもシーソーゲーム制す 

[6.2 ルヴァン杯PO第1戦 横浜FM4-2神戸 ニッパツ]

 ルヴァン杯プレーオフステージ第1節が2日に行われ、横浜F・マリノスがホームでヴィッセル神戸に4-2で先勝した。第2戦はノエビアスタジアム神戸で9日に行う。

 J1リーグ戦はW杯による中断期間に入ったが、ルヴァン杯のプレーオフステージは6月中に消化することになっている。8チームで決勝トーナメントへの4つの椅子をかけた戦いになる。

 横浜FMはDFミロシュ・デゲネクがオーストラリア代表候補に選出されている。グループステージでは出場のなかったDF中澤佑二とDF山中亮輔が今大会初めて先発した。

 神戸はGKキム・スンギュが韓国代表に選出。ゴールマウスはGK前川黛也が守った。DF渡部博文、MF三田啓貴、MF田中順也が今大会初スタメン。MFアンドレス・イニエスタの加入によって背番号変更となった三田は、背番号7で初めて試合に臨んだ。

 なお規定により21歳以下の選手を先発で起用しないといけないが、横浜FMはMF山田康太(18)、神戸はMF郷家友太(18)で条件をクリアした。

 前半から点が入る展開になった。先制は神戸。前半8分、右サイドでFKを獲得すると、MF藤田直之がゴール前に浮き球を供給。FWウェリントンが頭で合わせて、スコアを動かす。

 しかし横浜FMも前半24分、カウンターから同点弾を生み出す。左サイドから山中がDFの裏にスルーパスを通すと、オフサイドトラップを掻い潜って斜めに走り込んで抜け出したFW大津祐樹が倒れ込みながらGKとの1対1を制してゴールネットを揺らす。

 さらに横浜FMは前半29分、山中の浮き球パスでゴール前に抜け出したFW仲川輝人がワンタッチで合わせて流し込もうとするが、これは前川にキャッチされる。

 しかし直後の前半30分、右サイドでボールを拾った仲川は、DFティーラトン、DF北本久仁衛をドリブルで外す。最後はDF高橋峻希のブロックより先に左足を振り抜き、逆転弾を決めた。

 だが後半に入ると神戸も反撃。10分、左サイドでFKを獲得すると、藤田のクロスがファーサイドにいた渡邉の頭にピタリ。セットプレーから神戸が試合を振り出しに戻した。

 同点とされた横浜FMは後半14分にFWオリヴィエ・ブマルに代えてFWユン・イルロク、同20分に山田を下げてFWウーゴ・ヴィエイラを投入する。

 後半21分にMF天野純が打ったミドルはわずかに右に外れた横浜FMだが、同25分、右サイド深くに抜け出した仲川がマイナスに折り返すと、ゴール中央から天野が右足で流し込み、再び勝ち越しに成功した。

 さらに後半30分、ウーゴ・ヴィエイラが強引なドリブルでゴール前に侵入。左隅を狙った浮き球シュートを蹴るが、惜しくもポスト。しかしカバーに入った北本がクリアしきれず押し込んでしまう。横浜FMはオウンゴールによってリードを広げた。

 終盤は神戸がFWハーフナー・マイクを投入して攻撃力を増強。横浜FMはDF栗原勇蔵を投入することでリードを守りに行く。そしてスコアはこのまま動かず、横浜FMが“前半90分”を4-2で終えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180602-01654549-gekisaka-socc

コメントする

名前
URL
 
  絵文字