ハングル-朝鮮語を表記するための表音文字。

1: 蚯蚓φ ★ 2018/02/14(水) 00:01:56.62 ID:CAP_USER
no title

▲写真で真ん中の人物がマーティン・フロスト教授/オンラインコミュニティ

平昌(ピョンチャン)オリンピックのフランス放送解説者から出た
「韓国専門家」発言が物議をかもしている。


平昌冬季五輪開幕式が開かれた9日、何人かのネチズンがフランス2TV開幕式中継で、ある解説者が韓国文化に対する誤った解説をしたと主張した。ネチズンによれば解説者は中国選手団が入場するとき、「中国が日本と韓国のような野蛮人を文明化しました(La Chine a civilise les barbares comme le Japon et la Coree)」という説明を付け加えた。また、ハングルを紹介しながら「中国語を表記するために19世紀に作った」と発言したと主張した。

論議に包まれた解説者はパリ7大学で韓国学科長を歴任したマーティン・フロスト教授だった。彼女は1970年頃、ソウル大で韓国語を勉強した後、パリで20年以上韓国語と韓国文化を教えた。韓国人と結婚したフロスト教授は1992年から96年まで駐韓フランス大使館で働いたこともあり、丙寅洋擾の時、フランスに奪われた外圭章閣(ウェキュジャンガク)儀軌が145年ぶりに返還されるのに大きな役割を果たした人物だ。

ネチズンらはこのように韓国文化に造詣が深い専門学者が韓国で開催した行事で「文明化」と発言したことについて信じられないという反応だ。

論議が大きくなるとすぐに今回のオリンピックメダル授賞式でフランス語解説者を引き受けたフロスト教授の娘オリビアが釈明に出た。彼女はSNSに「母は放送中、絶対に韓国を侮辱する発言をしたことはない」と明らかにした。「文明化」発言について「中国代表チームが入場する時、中国の漢字の意味を説明しながら過去の中国が日本と韓国を東夷族と言って文明化しようとしたことを説明したものです」と説明した。むしろ母親が美しい韓国文化について紹介しようと努力した点を強調した。

引き続き「それにもかかわらず、フランス放送で解説をしたことに不足があって、不便を差し上げたとすれば代わりに謝罪申し上げる」と伝えた。このような釈明文で彼女を応援するコメントが走ったが、全く違った意見を見せるネチズンも多数いた。

あるネチズンは「第3国の人が特定国家の立場から偏向した視野で他国を見るのは誤まり」として単語の選択が適切でなかったと指摘した。また「悪意がない発言であることを勘案しても基本的に韓国の歴史や地政学的な関係について韓国を低くする言葉を言った」と批判したネチズンもいた。

論議になった解説についてまだ公式立場が確認されておらず、生半可に非難することは難しい状況だ。しかし、韓国で開かれる国際的な行事であえて敏感な歴史を土台に紹介する理由があったのかという批判を避けるのは難しい。

一方、9日、米国NBCアナウンサーが根拠のない妄言で袋叩きにされたことがある。彼は「日本は韓国を1910年から1945年まで植民支配した」として「それでも韓国人は日本が韓国の経済発展に大きな影響を及ぼした文化・技術・経済的モデルだと話す」という卑劣な発言をした。その後、沸き立つ世論にNBCは公式に謝まり、該当発言をしたアナウンサーは解雇された。

チェ・ミンジュ記者

ソース:インサイト(韓国語) 「中国が韓国文明化させて「…論議中である開幕式フランス解説者発言
http://www.insight.co.kr/news/139881 
1 名前:動物園φ ★[] 投稿日:2018/02/13(火) 12:01:10.01 ID:CAP_USER.net [1/2]
2/13(火) 11:53配信
朝日新聞デジタル

 ドーピング検査で陽性反応を示した平昌(ピョンチャン)五輪スピードスケート・
ショートトラック男子の斎藤慧が、日本オリンピック委員会(JOC)などを通じて
出したコメント全文は以下の通り(原文のまま)。
     ◇
 今回、この様な検査結果が出たことに大変驚いています。

 ドーピングを行おうと考えたことはこれまでに一度もありません。アンチドーピングの講習会や連盟主催合宿での指導などを通じて、アスリートとしてドーピングは絶対にしてはいけないと理解していました。また、無意識に摂取することがないよう、けがをした時や体調を崩した時に病院で処方される薬については、事前に専門家に相談していましたし、日常の食事や飲み物にも気を付けていました。

 今回検出されたアセタゾールアミドは、利尿剤で、本来は、高山病の予防、そのほか緑内障、てんかん、メニエール病、睡眠時無呼吸症候群などの治療薬だそうですが、筋肉増強剤を隠ぺいする目的、体重を落とす目的などで使う人がいるため、禁止薬物にされていると聞きました。

 私は、筋肉増強剤を使用したことがありませんので、それを隠そうなどとは考えませんし、利尿剤を使用して体重を落とそうと考えたこともありません。この薬を使用するメリットも動機も私にはありません。

 1/29にも合宿中に受けた検査ではどのような禁止薬物も検出されず陰性であったため、いかなる禁止薬物も体内になく、以上のことから、自らの意志で何かの薬物を接種したという事実はありません。今回の検査結果が出てしまったことについては、偶発的に起きた出来事により禁止薬物が無自覚のまま口に入ってしまったものだとしか考えられません。


1 名前:たんぽぽ ★[] 投稿日:2018/02/13(火) 16:24:29.21 ID:CAP_USER.net

 韓国紙、中央日報(日本語電子版)は13日、
平昌五輪に合わせて訪韓した金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、
金与正(キム・ヨジョン)氏ら北朝鮮代表団に対する
文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領の対応が異例だと報じた。
「韓国政府が金与正を国賓級で最大のもてなしをする一方で、
米国のマイク・ペンス副大統領、日本の安倍晋三首相ら主要国の
最高級要人に対する配慮はおろそかにしたという指摘が出ている」と伝えている。

 記事は「与正氏には食事接待4回、ペンス氏には1回、安倍氏は0回」との見出しで掲載された。中央日報によれば、文氏は金氏と2泊3日の滞在中、開会式やアイスホッケー女子合同チームの観戦など4回にわたって接待。このほか、韓国政府幹部が代表団のために夕食会などを複数回開催していたことを伝え「多くの国から来賓が集まる行事を主催する国のトップが一国の代表団とこのように多くの時間を過ごすのは異例だ」と指摘した。

 一方、安倍首相やペンス氏との会談は「失敗に終わった」と評した。両氏がレセプション会場まで車に同乗したり、開会式で隣の席に座って会話していたりしたことに触れ「韓日米のうち韓国だけが不在の様子が繰り返し演出された」と報じた。(五輪速報班)

1 名前:動物園φ ★[] 投稿日:2018/02/13(火) 10:16:22.39 ID:CAP_USER.net
平昌五輪:「モルゲッソヨ」が国内外で話題
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

 最近の若者たちは五輪も遊びのネタにする。平昌冬季五輪ではオブジェや
マスコットも遊びの対象になっている。中でも裸で頭に弾丸をかぶり、
五輪メーンプレスセンター前に建っている3人の男の像が国内外の
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で話題を呼んでいる。

 7日、日本のスポーツ紙「東京スポーツ」がこの像を「謎のオブジェ」「各国の報道陣の集合場所となっている」と紹介した。この像の本来の名称は「弾丸マンたち」だ。インスタレーション・アーティストの金知鉉(キム・ジヒョン)氏が2009年に発表して13年第1回平昌ビエンナーレに出品、現在の場所に設置された。東京スポーツ記者は「一体、これは何なのか?」「近くにいたボランティアスタッフに聞いてみても、口を揃えて『モルゲッソヨ(知らないです)』」と書いた。「モルゲッソヨ」は「分からない」という意味の韓国語を発音通りにカタカナ表記したものだ。これがSNSや各種サイトで共有され、この像は「モルゲッソヨ像」と呼ばれるようになった。

 ツイッターやインスタグラムなどには「モルゲッソヨ」というハッシュタグ(検索しやすいように単語の前に#を付けたもの)があふれ、パロディー作品が多数アップされている。

 9日の平昌五輪開会式で大きな話題を集めた「人面鳥」もモルゲッソヨ像と同様、パロディーの素材として多数使われている。白い服、頭に小さな冠をかぶった厳かな顔が儒教を守るソンビ(文人)のように見えるとして「儒教ドラゴン」というニックネームも付けられた。慶煕大学グローバル・コミュニケーション学科のイ・テックァン教授は「旧世代は五輪を国の名誉のためのイベントとして強調したが、若い世代はこれを風刺し、完全に個人の文化として楽しもうとする欲求を表出させている」と分析した。

ユン・スジョン記者


1 名前:ダーさん@がんばらない ★[] 投稿日:2018/02/13(火) 19:18:24.31 ID:CAP_USER.net
写写丸が見た「平昌五輪」そして観客は誰もいなくなった

強烈な寒さが発揮され、「史上いちばん寒い五輪」という
キャッチコピーも定着するようになった平昌五輪。

アルペンは軒並み延期、スノーボードは転倒続出と、気温以上に猛威を振るっているのが「平昌の強風」だ。これも相まって、現地では体感温度マイナス20度、いや30度近いなんていう噂話が出ている。

寒さは選手たちにも影響を及ぼしている。

スキージャンプ界の「レジェンド」葛西紀明は、10日に行われた個人ノーマルヒルの決勝後、寒さについて「信じられないくらい。風の音がすごくて怯んじゃうくらい」と述べた。

実際の競技も1時間近く予定時間をオーバー、ジャンプ台の上で待たされる選手たちも、あまりの寒さに係員から毛布をかけられていた。

しかし、最大の悪影響は観客席に起きていた。

決勝1本目が始まる前、観客席はほぼ満員だった。立ち見客も、折り重なるように集まっていた。けっして韓国が強い競技ではないにも関わらず、注目度は高かった。大ジャンプが出れば会場が割れんばかりの大歓声。思わぬ熱狂ぶりだった。

ところが、2本目が始まるときに観客席を見ると、なんと観客は既に半分ほどしか残っていなかった。地元・韓国の選手が2本目に進めなかったこともあるが、やはりそれ以上に寒さの影響があったのだろう。

観客の多くは外気にむき出しの客席ではなく、風を防げるテントや通路に避難。1本目に比べると、悲しくなるほどのスカスカ状態になってしまった。

売店でコリアンフードを買ってなんとか体を温める観客もいたが、席に戻る者は少なく、最後のメダル決定の瞬間、周りを見渡すと観客は当初の3割ほどだった。

観客はそそくさと帰っていったが、選手のコメントを取るため、写写丸たち記者は帰れない。結局、競技終了後もしばらくマスコミ陣の「寒さ我慢大会」が始まった。

この寒さと風は、もはや寒いを通り越して痛いという感じである。2枚重ねの手袋でも指先は芯から凍るようだし、顔を露出していると皮膚の感覚がなくなり、じんわりと痛みだす。

葛西紀明が帰ってきて、最後に見事7位入賞を果たした小林陵有が帰ってきて、ようやく我慢大会は終了した。あるテレビスタッフの手元を見ると、そこには1本まるごとカチコチに凍ったお茶のペットボトルが……。

はっきり言って、「史上いちばん寒い五輪」はテレビで見るのがいちばんかもしれない。

ソース:SmartFLASH 2018.02.13
no title

1 名前:みつを ★[sage] 投稿日:2018/02/13(火) 02:33:16.00 ID:CAP_USER.net

中国政府、ピョンチャン五輪での南北交流を歓迎

2018/02/12
 平昌(ピョンチャン)オリンピックを舞台とした韓国と北朝鮮の交流について、
中国政府は歓迎の意を表しました。
 「我々は関係各国が努力してオリンピック期間中の対話を継続し、
南北の交流を各国、特に米朝の交流につなげるよう希望する」
(中国外務省 耿爽 報道官)

 中国外務省の耿爽報道官は12日の会見で、平昌オリンピックを舞台とした韓国と北朝鮮の交流を歓迎するとともに、これが米朝の対話、さらには朝鮮半島の非核化につながることに期待感を示しました。

 平昌オリンピックの開会式に出席した中国共産党最高指導部序列第7位の韓正・政治局常務委員は、滞在中に北朝鮮の金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長と話をしたということですが、核問題に話が及んだかなど具体的な内容は明らかになっていません。

1 名前:たんぽぽ ★[] 投稿日:2018/02/13(火) 15:26:41.11 ID:CAP_USER.net
2018/02/13 15:18

【平昌聯合ニュース】平昌冬季五輪のアイスホッケー女子に出場した韓国と
北朝鮮の合同チームがノーベル平和賞を受賞すべきだと
米国の国際オリンピック委員会(IOC)委員が発言したことに対し、
IOCのアダムス広報部長は13日、五輪メインプレスセンター(MPC)で行った会見で、
IOCとして考えたことはないと伝えた。

 この委員はアンジェラ・ルッジェーロ氏で、この日の会見で自身の主張を繰り返した。ルッジェーロ氏は私見と断りつつ「南北合同チームは非常に象徴的な意味を持っており、五輪が特定の競技、特定の国よりもっと大きな意味があることを示すものだ」と述べ、ノーベル平和賞は「選手たちに賛辞を贈る一つの方法になるだろう」と強調した。

コメントする

名前
 
  絵文字