茶-葉や茎などを加工して作られる飲み物。

1: しじみ ★ 2018/02/07(水) 03:37:33.13 ID:CAP_USER

(CNN) たばこを吸ったりお酒を飲んだりする人が熱いお茶を飲むと、
食道がんにかかる危険性が高くなるとの研究結果を、中国のチームが新たに発表した。


北京大学の研究者らが50万人近い中国の成人を平均9年半にわたって追跡し、
結果を内科専門誌の最新号に発表した。
この分野の研究としては過去最大の規模とされる。


お茶を毎週飲むと答えた人に、
その温度を「温かい」「熱い」「非常に熱い」の中から選ぶよう指示したところ、
「熱い」もしくは「非常に熱い」お茶を飲むこと自体に食道がんとの相関はみられなかった。


しかし1日にたばこを1本以上吸う人や、
アルコールを15グラム(グラス約1杯のビールに相当)以上を摂取する人は、
「熱い」または「非常に熱い」お茶を飲んでいると
食道がんのリスクが2~5倍に増大することが分かった。


喫煙や飲酒はもともと食道がんのリスク要因として知られている。
専門家によれば、食道の表面を刺激すると炎症がひどくなり、
細胞の入れ替わりが加速してがんを誘発する可能性や、
熱い飲み物で食道壁にある細胞のバリア機能が損なわれ、
発がん物質による悪影響が大きくなる可能性が考えられる。

この研究ではお茶の温度が客観的な数字で示されていないが、
過去の研究では65度以上の飲み物で食道がんの危険が増すとの結果も報告されている。


ただしこれまでの研究で、お茶の葉は抗酸化作用を持ち、
結腸がんや前立腺がんを予防する可能性があるとの説や、
緑茶はがん予防、紅茶は循環器系疾患に効果があるとの説も報告されてきた。


研究チームの責任者は、食道がんを防ぐにはお茶をやめることでなく、
喫煙や飲酒を控えることが重要だと強調している。

関連ソース画像
no title

CNNニュース
https://www.cnn.co.jp/fringe/35114311.html

コメントする

名前
URL
 
  絵文字