SS520ロケット-宇宙航空研究開発機構(JAXA)傘下の
宇宙科学研究所(ISAS)が開発し運用する固体燃料ロケット。


1: しじみ ★ 2018/02/03(土) 17:13:21.12 ID:CAP_USER

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は3日、
東京大の超小型衛星を載せた電柱サイズのロケット「SS520」5号機を
内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県)から打ち上げた。
約7分半後に衛星を分離し、約3時間後に地上との通信を確認。打ち上げは成功した。


SS520の5号機は長さ9.5メートル、直径52センチ、重さ2.6トンで、
人工衛星を軌道投入できる世界最小クラスのロケット。


1~3号機は人工衛星を搭載しない観測ロケットで、
JAXAは昨年1月、初めて人工衛星を載せた4号機を打ち上げたが電気系統の故障で失敗。
4号機を改良した5号機で再挑戦した。
昨年12月に打ち上げる予定だったが、機器の不具合で延期していた。
機体製造と打ち上げの費用は計約5億円。

 SS520ロケットの打ち上げは今回で終了する。
この開発に関わったキヤノン電子など4社は、
後継となる小型ロケット開発を進めるため昨年8月に新会社を設立しており、
今後は民間が担う。

 小型衛星の打ち上げ需要は世界で急速に高まっており、
低コストで打ち上げられる小型ロケットの開発が世界で進んでいる。


米ベンチャーのロケットラボ社は
1月にニュージーランドで打ち上げた小型ロケットで人工衛星の軌道投入に成功した。

日本でも、投資家の堀江貴文さんが出資する宇宙ベンチャー
「インターステラテクノロジズ」
が今春にも日本初の民間小型ロケットによる宇宙到達を目指す。

画像:打ち上げられた「SS520」5号機=宇宙航空研究開発機構(JAXA)
ホームページより

no title
毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20180204/k00/00e/040/001000c
■SS-520(JAXA・日本) 
全長:9.65m
直径:0.52m
重量:2.6t
ペイロード:140kg(高度1000km)
打ち上げ費用:約5億円

■Electron(Rocket Lab・米国)
全長:17m
直径:1.2m
重量:10.5t
ペイロード:150–225kg(高度500km)
打ち上げ費用:約5億円

コメントする

名前
 
  絵文字