刻刻 http://kokkoku-anime.com/

堀尾省太による日本の漫画作品。マンガ大賞2011ノミネート作品。単行本は全8巻。
単行本第1巻の帯では水木しげるが80点(同氏の近年最高点数)を付け賛辞を送っている。



TOKYOMX、BS11にて毎週日曜24時30分より放送中
Amazonプライム・ビデオにて日本・海外独占配信
(日本ではTOKYOMX放送直後の毎週日曜25時30分頃より配信)

1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/01/07(日) 19:28:32.69 ID:CAP_USER
2018年01月06日 アニメ マンガ
(写真)
テレビアニメ「刻刻」のビジュアル (C)堀尾省太・講談社/「刻刻」製作委員会



 「月刊モーニング・ツー」(講談社)で連載された堀尾省太さんのSFマンガが原作のテレビアニメ「刻刻」が、7日深夜からTOKYO MX、BS11ほかで順次、放送される。時間が止まった世界の中で繰り広げられるアクションが描かれる。

 佑河家に代々伝わる止界術。森羅万象が止まった“止界”に入る術だ。誘拐犯にさらわれてしまった甥(おい)と兄の救出のため、主人公・佑河樹里がやむなく止界術を使うと、
そこにはいないはずの動く人間たちに急襲される。止界術をあがめる「真純実愛会」のメンバーだった。止界術を使う時に要る石をめぐり、
止界と佑河家の秘密が次第に解き明かされていく。静止した世界の中でのアクションや、刻々と変わっていく人間模様が見どころだ。

 「クズの本懐」などの安済知佳さんが佑河樹里を、「PSYCHO‐PASS サイコパス」などの山路和弘さんが祖父のじいさんを演じるほか、
郷田ほづみさんや瀬戸麻沙美さんらが声優として出演する。「ウィッチブレイド」などの大橋誉志光さんが監督を務め、「虐殺器官」などのジェノスタジオが制作する。

https://mantan-web.jp/article/20180105dog00m200011000c.html

1 名前:朝一から閉店までφ ★[sage] 投稿日:2017/10/16(月) 18:05:27.60 ID:CAP_USER.net
2017年10月16日 18:00
「刻刻」のキービジュアル第1弾。
大きなサイズで見る(全13枚)

「ゴールデンゴールド」で知られる堀尾省太「刻刻」のテレビアニメ化が決定した。

「刻刻」は森羅万象が止まる「止界」に入ることができる「止界術」の能力を有する一族を軸に描くタイムストップSF。モーニング・ツー(講談社)にて連載され、単行本は全8巻が刊行された。

アニメでは主人公の佑河樹里役を安済知佳、樹里と同年代の少女・間島翔子役を瀬戸麻沙美が担当。樹里の祖父であるじいさん役に山路和弘、「止界術」を崇める「真純実愛会」
の現教祖・佐河順治役に郷田ほづみがキャスティングされた。このほか佑河貴文役で辻谷耕史、佑河翼役で野島裕史、佑河真役で岩田龍門、 潮見役で内田夕夜、迫役で吉野裕行が出演する。

監督を「ギャラクシーエンジェル」シリーズの大橋誉志光、キャラクター原案を梅津泰臣が務め、アニメは2018年1月よりTOKYO MX、BS11にて毎週日曜24時30分より放送。
主題歌はMIYAVI vs KenKen による「Flashback」に決定した。「Flashback」は11月8日発売されるMIYAVIのニューアルバム「SAMURAI SESSIONS vol.2」に収録される。

なおアニメ化の発表に併せ、キービジュアルやPV第1弾なども解禁に。堀尾はアニメについて「先日、制作途中のものを拝見し、漫画で描きたかった雰囲気を共有できていると思いました。
例えば、カヌリニが出てくるシーン。漫画では西日を浴びた赤松をイメージして描きましたが、白黒なので、頭のなかで省略して表現した部分もあります。
アニメでは、それがかなり近い形で再現されていました。同じ風景を見て、受け取る印象までも同じだった、という感じです」とコメントを寄せた。



堀尾省太コメント

先日、制作途中のものを拝見し、漫画で描きたかった雰囲気を共有できていると思いました。例えば、カヌリニが出てくるシーン。漫画では西日を浴びた赤松をイメージして描きましたが、白黒なので、頭のなかで省略して表現した部分もあります。
アニメでは、それがかなり近い形で再現されていました。同じ風景を見て、受け取る印象までも同じだった、という感じです。そんな製作陣の皆さんの技量に敬服しつつ、アニメ『刻刻』の放送、今からとても楽しみにしています。

大橋誉志光コメント

正に刻刻と変わっていく人間模様と、本来は動かすことが命題のアニメーションが描き出す静止した世界(案外大変なんですコレ)。原作同様、次のお話が待ち遠しい事、請け合いです。オンエアーをお楽しみに。

MIYAVIコメント

この一瞬を、止めたい。
けれど、止められない。止めてはいけない。死にゆくアンドレを、刻の止まった世界で見守る樹里ちゃんの気持ち、痛み、もどかしさ、やるせなさ、無力感を表現させていただきました。
アクション・シーンに関しては、「淡々と、刻が、流れていく」という、 無情で、暴力的な側面をオーケストレーション・ヒットと共に、形にしてみました。

アニメ「刻刻」

スタッフ
原作:堀尾省太「刻刻」(講談社『モーニング・ツー』所載)
監督:大橋誉志光
シリーズ構成:木村暢
キャラクター原案:梅津泰臣
アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督:日向正樹
音楽:未知瑠
主題歌:MIYAVI vs KenKen「Flashback」
制作:ジェノスタジオ
製作:ツインエンジン

キャスト
佑河樹里:安済知佳
間島翔子:瀬戸麻沙美
じいさん:山路和弘
佐河順治:郷田ほづみ
佑河貴文:辻谷耕史
佑河翼:野島裕史
佑河真:岩田龍門
潮見:内田夕夜
迫:吉野裕行

(c)堀尾省太・講談社/「刻刻」製作委員会


オープニング

エンディング


予告








コメントする

名前
 
  絵文字